ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ
ブログランキング ブログランキング

2009年07月12日

2013年までに生物テロの可能性、米政権に対策提言

「2013年までに生物テロの可能性」
米次期政権に対策提言(08.12.02CNN

米国で2013年までに核または生物兵器を使ったテロが起きる可能性
があるとして、オバマ次期政権に対策の強化を促す報告書を超党派
の大量破壊兵器拡散・テロリズム防止委員会がまとめた。

テロ組織は現時点では細菌兵器や核兵器を作れるだけの科学力・
技術力を持っていないが、ノウハウ提供に応じる科学者が
見つかれば、その溝は容易に解消できると指摘。
「米国は生物学者がテロリストになることを懸念すべき」とした。

報告書によれば、生物兵器は核兵器よりも先に入手・利用される
可能性が高い。核施設が厳重警備されているのに対し、危険な
病原体を扱う民間研究所は多数あり、簡単に破壊・侵入され得る。
「生物兵器は核よりも大きな脅威。危険な病原体の入手と兵器化、
空中散布は、核兵器の製造に比べて技術的な障壁が少ない」

調査を主導した元上院議員は、生物兵器には炭疽菌が使われる
可能性が最も高いが、インフルエンザのような伝染性のウイルスが
使われる危険も高まっていると語った。
posted by 20121221 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。